浸水被害大でも死者ゼロ 西日本豪雨、命守った自主防災

 昨年7月の西日本豪雨で51人が死亡した岡山県倉敷市真備町地区に隣接し、大きな浸水被害を受けながら、犠牲者がゼロだった地区がある。明暗を分けたのは、東日本大震災後に始めた自主防災の活動だった。

 真備町地区の東隣にある総社市下原(しもばら)地区。1級河川の高梁川に支流の新本(しんぽん)川と豪雨で決壊した小田川が合流する地点に近く、110世帯約350人が暮らしていた。過去にたびたび水害に遭い、1893(明治26)年の大洪水では32人が死亡したという。

 今回の豪雨では101世帯が床上浸水。浸水の深さは最大2メートル以上に達した。さらに地区内のアルミ工場で爆発事故が起き、約10棟が火災被害に遭った。

 下原・砂古(さこ)自主防災組織ができたのは、2012年。前年の東日本大震災がきっかけだ。

 高台の神社など3カ所を避難場所にし、避難経路も決めた。各世帯の連絡先や人数、支援が必要な要配慮者の数を記した台帳を独自に作成。地区内には七つの班があり、班の住民が班内にいる要配慮者の避難を助けることにした。

 毎年の避難訓練では、台帳を元に作った安否確認表を使用。要配慮者役の住民を車いすで避難させたり、夜間に実施したりして実践的な訓練を重ねてきた。自主防で副本部長を務める川田一馬さん(70)は「顔を知らない人から避難を呼びかけられても住民は動かない。地域や行政とつながりをつくることが重要だ」と話す。

 昨年7月6日の豪雨時には、川の水位の上昇を受け、自主防が自宅2階への垂直避難の呼びかけを決め、午後10時すぎに役員が拡声機を付けた軽トラックで地区を回った。午後11時半ごろにアルミ工場が爆発すると、市職員から市中心部に避難するよう電話があり、班長が全世帯を訪ねて安否確認。自家用車で逃げられない人は市の公用車で運んだ。

 要配慮者は30人いたが、7日午前2時半ごろには大半の住民が避難を完了。自宅2階で寝ていて、呼びかけに気づかないなど避難が遅れていた4世帯も、約2時間後には避難を終えた。地区はその後、ほとんどが水没したが、犠牲者はゼロだった。川田さんは「必ず洪水が起こると考えて避難訓練を続け、危機意識を高めていたことも役立った」と振り返った。

 京都大学防災研究所の矢守克也教授(防災心理学)は、情報を実際の避難行動につなげる「避難スイッチ」の重要性を指摘する。「この地区では、川の水位を見ながら避難情報などもインターネットで収集していた。自分たちの『避難スイッチ』を工夫し、タイミングを自ら決めていたことがよかった」と話した。(朝日新聞記事)

町内会役員の決め方はどうしてる?トラブルにならない方法とは

町内会の役員を自ら進んでやりたい!と思う人は、なかなかいないですよね。
そのため役員決めも大変で、決め方をどうするかというところから考えなくてはいけません。
他の町内会はどのような決め方をしているのでしょうか?早速調べてみました。

「私が町内会の役員をやります!お任せください!」と言って簡単になってくれる人ってどのくらいいるのでしょうか?
ほとんどの人が、役員を決める際に色々理由を付けてなんとか逃げようとするのではないでしょうか。
ある地区を参考までにあげますと、その地区は役員を決める際は基本的に全員出席となっているそうです。
決め方にも順序があり、役員対象の方へ前もって通知し、それから当日に候補者を選出したあと話し合って決定するそうです。
ちなみに、やむを得ず欠席する場合は、同意書の提出を義務付けしているとか。
とはいっても、全員出席って難しいのでは?と思いますが、欠席する場合の同意書には厳しい文章の記載があり、それによって欠席を悩む人が多いのが現実だそうです。

それは、「役員が決まらない場合は、欠席した人の中から選出する場合もある」といった記述があるからです。
欠席してしまったがために、自分が役員に選ばれるのはリスクが高すぎますよね。よって出席率が高くなるわけなのです。

役員の決め方に迷いますが、これは町内会や自治体によって決め方は様々です。地域の特性にもよりますし、昔からのルールが根付いているのも事実です。
特に多かった役員決めは「順番性」です。
一番揉めずに済む決め方とも言えます。みんなが順番で受け持つため、役員になってもすんなり受け止めることができます。家庭の事情によってはある程度考慮されることもあります。

「くじ引き」といった決め方もあります。
くじなので運が左右しますが、引いてしまうのは自分なので、ある程度諦めがつきます。ただ役員決めの会議に出席しない人も多いので、その場合は欠席した人の中から選出するなど、何かしらのペナルティを設ける町内会も多いようです。
「推薦」という決め方も昔からある方法です。
旧役員の人達が新役員を選出するのです。長年地域に住んでいる方が会長をしている場合なんかだと、この方法をとっている可能性は十分あります。
いずれにしても、どの町内会・自治体でも、公平になるよう独自のルールを設けています。

町内会の決めで揉めることは多々あります。
そもそも今までの役員の決め方がおかしいという地区もあります。例えば、町内会長や組長が率先して、「この人なら引き受けてくれるだろう」と言う人を選び出して「どうか役員をお願いします」と頼み込むことも。
推薦という形にも見えますが、そういった方法を行っている町内会の方が実は多いのではないでしょうか。
頼まれてすんなり引き受ける人もいるかもしれませんが、大抵の人は断りたいのが本音ではないでしょうか。だから役員も決まらず、今の役員さんが引き継げずに困ってしまうパターンに陥ってしまうのです。

次の人が現れないと、一度町内会長を引き受けてずっと10数年続けているという地域もたくさんあります。
昔からの慣習かもしれませんが、本音は「一度引き受けた以上なかなか辞められない」ではないでしょうか。それか高齢で体を壊して引退するか・・・です。
できるだけ不公平のない決め方をしよう!と方法を模索しても、新しい決め方について過半数以上の賛同を得られないと実行できません。
結局は、少しでも自分が当たる確率の低いやり方を選びたがるのです。

役員に選出されてどうしても断りたい場合はどうすればいいのでしょうか。
直接「やりたくない!」といっても、周りから説得されてしまう可能性もあります。
なので、「今期の役員ですか?いや~、○○じゃなかったらお引き受けできたのですが・・・」と匂わせるのもひとつの方法です。
はっきりと直接は断っていないですが、引き受けれない理由と共になんとなく断っていると感じさせることができますよね。
残念な気持ちを伝えるのは、断る時の王道です。
「せっかく声を掛けていただいたのですが・・・」「引き受けて頑張りたいところなのですが・・・」というように、本当は引き受けてやりたいけど残念!という気持ちを表現するのです。
あとはちょっと難しいテクニックになりますが、「代案を提示する」といった方法もあります。
今期はどうしても引き受けることはできないけど、来期なら引き受けできるかも・・・といった感じです。

町内会の班長になることもあります。
どんな仕事をするのか不安になると思いますが、一番の大きな仕事は「町内会費の集金」です。
町内会によっては、一年分を一括でまとめて集金するところもありますので、そうなると大きな仕事はそれが済めば終わりとなります。
一軒一軒内を回って領収書を切ります。ずっと不在な家があると、集金が完了せず苦労することもあります。
他にも赤十字や赤い羽根の募金などがありますが、これらはまとめて町内会費から出すので回覧板を回すだけで済むことがあります。
あとは掃除関係です。
どぶ掃除や公園内の草取りなどでがあります。年2回程度で済む地域が多いようです。

ほとんど70歳以上…役職もう無理 居住しながら自治会解散

福井県福井市内にある二つの自治会が、解散したことが分かった。ともに少数の高齢世帯で構成しており、地区の自治会連合会などから割り振られる役職を務める負担が大きくなったためとみられる。福井県市町振興課によると、合併に伴う解散以外で、住民が居住しながら自治会がなくなるのは県内で初めて。超高齢社会の影響や地域コミュニティーの希薄化に伴う自治会解散の連鎖も今後懸念される。

 解散したのは、美山地区の東俣町にある「東俣町自治会」と、市中心部に近い乾徳2丁目の一画にある「乾徳10自治会」。市は昨年12月27日と今年1月4日にそれぞれの自治会廃止届を受理した。

 東俣町自治会は6世帯14人、乾徳10自治会は6世帯11人で構成。ともに住民のほとんどが70歳を超えており、福祉委員、青少年育成推進員などの役職を担うことが負担になっていたようだ。

 「自治会は災害など万一の際に互助組織として機能する。できるならば維持することが望ましい」とする市は、東俣町に隣接自治会との合併を勧めたが、「(他の集落に)迷惑をかけたくない」などと了解を得られなかった。ただ、災害に備え最低限の連絡体制を残しておくため、市との情報伝達役になる行政嘱託員は住民に引き受けてもらった。住宅街にあり周辺に自治会が多数ある乾徳については、今後合併を働き掛けていく。

 自治会の解散により、防犯灯の設置・電気料の補助金ごみステーション美化協力金などの各種補助が受けられなくなる。

 両地域の住民とも、解散前と変わらない暮らし、集落機能は維持したい意向。東俣町は地区に対し必要な負担金は今後も納めることを検討し、ごみステーションも住民が協力して管理していくとみられる。乾徳では街灯の電気代を自治会の積立金から支払う予定。

 市自治会連合会の奥村清治会長は「高齢者への目配りができなくなるのでは」と心配し、自治会の解散が今後連鎖する事態も危惧する。

 市まち未来創造室によると、市内には1543の自治会があり、平均世帯数は約50世帯。高齢化による役員の担い手不足に陥る自治会は増えているという。このため市は自治会の合併を後押しし、合併後3年間は補助金を交付している。2013~17年度に22自治会が9自治会に再編された。
福井新聞社

米寿祝い

草生津町内会 

米寿祝い実施要領

1 対 象  平成31年(2019年)に88歳(数え年)を迎えられる方

生年月日では下記に誕生された方が該当 昭和7年4月2日~昭和8年4月1日  (敬老会対象者名簿を参考にします。)

※施設等に入居(住所を移して)されている方も対象です。

2 実施日  平成31年1月14日(月)午前中

3 お祝い品  ①御祝状(B4縦型) ②筒(B4用) ③長岡市共通商品券 5,000円 ※準備担当 ①②御祝状の作成  ⇒ 樋口会長 ③購入 ⇒ 渡辺財務部長

4 お届け担当  1.2.3丁目 各副会長 1月14日午前9時30分 

全役員は公民館集合 「お祝い品」を各副会長に託す。    1丁目 2名 2丁目 3名 3丁目 3名                 

6 行事企画  草生津町内会 独自の実施であります。       以上

二年詣と新年神事についてのお知らせ

 

町内のみなさまへ

                           草生津神明社神社委員会 

                                委員長  

       神社委員会からの御連絡二年詣と新年神事についてのお知らせ

 師走に入りまして 皆様には なにかと気ぜわしい日々をお送りのことと存じます。

神社委員会では、新年が御家族の皆様にとって素晴らしい年となりますようにお祈りしつつ、下記のとおり「二年詣」と「新年の神事及び直会」を執り行うことといたしました。 皆様のお越しをお待ち申し上げます。

   二年詣について

実施日時:12月31日(月)午後11時~1月元旦(月)午前1時

注意事項:焼納物は、神明社境内で「焼却」しません

   例年の通り、焼納物の焼却をいたしません。

しめ縄・お札・お守りの焼納物に限り、境内で神社委員がお預かりし、金峯神社で焼納していただきます。

ただし、金峯神社は、ビニール・プラスチィック類は受け付けませんので、取り外して御持参ください。

新年の神事・直会について

実施日時:1月6日(日) 神事は 午前11時00分 から、拝殿に於いて。

直会は 神事終了後公民館で、午後1時まで。

一般参加を受け付けます(参加費\1,000円)

   直会への一般参加を希望される方は、12月24日(日)までに

神社委員長宅へ御連絡下さい。

 

                 

                               以上

(日常の先に 潜む死のリスク:1)用水路、死の危険 年100人以上死亡

f:id:kusouzu:20181112190439j:plain

 住宅地や農地のそばにある用水路には、思わぬ危険が潜む。落ちて溺れるなどしてここ数年、全国で年に100人以上が亡くなっている。身近な生活環境に溶け込み、転落が死に直結すると想像しづらいうえ、対策も後手に回っている。

 ■転落して動けず、浅くても溺れる

 「おとお、おとお、起きろ――」。2年前の4月12日朝。岡山市東区の福田浩一さん(38)は、自宅の裏を流れる用水路(幅約2・7メートル)に飛び込み、父の成生(しげお)さん(当時70)の体を抱き寄せて叫んだ。反応はなく病院で溺死(できし)と判断された。

 JR岡山駅から約10キロの田畑や住宅が混在する地域。成生さんは自転車で近所にごみを出しに行く途中、用水路にかかる柵のない橋(幅約2メートル)を渡っていたとみられる。橋は市が管理していた。浩一さんは「流れは普段より速く感じたが、水深は1メートルに満たなかった。バランスを崩して落ち、パニックになったのかもしれない」と話す。

 成生さんは約30年前に交通事故に遭い、右半身が少し不自由だった。事務などの仕事を続け、数年前に退職。浩一さん宅の隣で妻の博子さん(69)と暮らしていた。事故の日は孫の小学校の入学式。浩一さんは「ランドセル姿を見たかっただろうな」と悔やむ。

 成生さんが亡くなった数日後、橋に柵が取り付けられた。「事故が起きないと動いてくれないのか」と浩一さん。博子さんは今もその橋を渡れずにいる。

 3日午前には埼玉県羽生市で、自転車とともに用水路に落ちたとみられる85歳の男性が死亡しているのが見つかった。

 朝日新聞が47都道府県に用水路での死亡事例を尋ねたところ、各自治体が把握しているだけで2017年度までの3年間に計339人が亡くなっていた(岡山のみ「年」単位)。17年度が104人、16年度が125人、15年度が110人。反射神経や平衡感覚が衰えがちな高齢者が目立つ。

 各自治体で集計方法が異なり単純に比較できないが、多く把握していたのは岡山(73人)、富山(68人)、熊本(43人)、埼玉・香川(14人)、秋田(13人)など。12都府県は「把握していない」「把握できる範囲で0人」と回答。実際はさらに多い可能性が高い。

 岡山など瀬戸内海沿岸部では、干拓で張り巡らされた用水路が市街地に残る。富山の農村部などでは水田地域に住宅が点在。熊本や埼玉などでは、もともと農地で宅地開発が進んだ地域が目立つ。帰宅途中や掃除中などに落ち、幅数十センチ、水深10センチほどの場所でも亡くなることがある。

 奈良県立医科大の羽竹勝彦教授(法医学)は「側壁や底に頭や首を打ちつけて大けがを負い、倒れたまま気を失ったり体がはまって起き上がれなくなったりすると、水を多量に吸い込んで死に至る」と指摘する。

 一方で、柵やふたの設置といった転落防止策はなかなか進まない。農家の組合組織である「土地改良区」や市町村など管理者側の担当者の多くは「全区間に対策を施すには費用がかかりすぎる」と話す。 (朝日新聞記事)

側溝清掃・防災炊き出し訓練・子供会行事

県道の側溝 泥上げをしてみました。

f:id:kusouzu:20181022102625j:plain

側溝網の部分のみ泥上げしましたが、コンクリート部分も5㎝位堆積土砂があり。町内会では対応できない。

f:id:kusouzu:20181022105136j:plain

地方整備局に相談。

f:id:kusouzu:20181022105755j:plain

2か所の泥上げで麻袋7個でした。

f:id:kusouzu:20181021224238j:plain

緊急時以外あまり使いたくない。信頼感がないと怖いとのことでした。

f:id:kusouzu:20181021224021j:plain

若く力のある防災支援メンバーです。午前中は地区ソフトボール大会に出場準優勝でした。

f:id:kusouzu:20181021225157j:plain

子供会行事に合わせて。防災炊き出し訓練をしてみました。

f:id:kusouzu:20181022112427j:plain