(災害大国 いのちを守る)避難情報、わかりやすく 危険度5段階に 気象庁・自治体、今週から:朝日新聞デジタルクリップ

元: https://digital.asahi.com/articles/DA3S14031354.html?ref=pcviewer  200人以上が犠牲になった昨年7月の西日本豪雨を受け、気象庁が出す洪水や土砂災害などの情報や、自治体が出す避難勧告などの情報が今週以降、順次新しくなる。「種類が多く、分かりにくい」との指摘があったため、従来の情報に5段階の危険度を付記する。伝わりやすくし、早期の避難につなげたい考えだ。  西日本豪雨では、気象庁自治体から防災気象情報や避難情報が出されたが、避難しなかった住民も少なくなく、多数の犠牲者が出た。このため政府の中央防災会議は直感的に情報の意味が分かるよう、気象庁自治体が出す情報を5段階の警戒レベルに整理することにした。  例えば気象庁が出す大雨警報はレベル3に相当し子どもや高齢者は避難、自治体が出す避難勧告はレベル4で全員避難――などとなっている。九州北部豪雨や西日本豪雨は多くの地域でレベル4、5相当だったことになる。  気象庁は今週以降、防災気象情報を発信する際、「警戒レベル3相当」などと加える。また、各自治体も運用態勢が整い次第、防災無線や住民に提供する防災アプリ、エリアメールで、「○○地区で警戒レベル4、避難勧告を発令」などと通知することになる。  ただ、気象庁自治体がそれぞれ状況を判断して発信するため、同じレベルになるとは限らず、混乱を招く可能性は残る。住民は状況に応じて適切な避難行動を取る必要がある。(金山隆之介、岡戸佑樹)  ■増水、画像で配信 避難促す仕組み、各所で  最大の課題は、情報を行動につなげることだ。  国が西日本豪雨で被災した67自治体に課題を尋ねたところ、21自治体が「避難勧告を発令しても、避難行動に結びつかなかった」と回答。中央防災会議は昨年12月に公表した報告書で、5段階の警戒レベルで避難のタイミングを明確化することにしたほか、防災リーダーを育成したり、防災と福祉の機関が連携し高齢者の避難を促進したりする――などの対策を盛り込んだ。  また、国土交通省は「簡易型河川監視カメラ」を2020年度末までに約3700カ所設置し、水位が分かる画像を提供して住民に避難を促す。  自治体レベルでも、取り組みを進めている。大分県は7月から、氾濫(はんらん)した河川や崖崩れなどの写真や映像をスマホの専用アプリで見られる施策を始める。信頼性の高い情報に絞るため、一定の知識や技能を持つ「防災士」の投稿に限る。17年の九州北部豪雨の際、日田市で自治会長が河川の増水を元に住民に呼びかけ、早期の避難につながったケースを参考にした。県内の防災士は1万人超と全国3位。担当者は「近所の防災士が投稿する災害状況を見れば、住民に早く逃げてもらえるのではないか」と話す。  京都大学防災研究所の矢守克也教授は「大事なのは、住民自らが避難行動に移すための目安、『避難スイッチ』を事前に決めておくことだ」と指摘する。例えば兵庫県宝塚市の川面地区には武庫川に合流する川があるが、その川が逆流すると住宅浸水が起こると分かり、住民はこの逆流を避難スイッチにしているという。(竹野内崇宏、角拓哉)
主催者: 防災関係 さん
防災関係
作成者: 作成者: cyounai kusouzu さん

令和元年度 草生津町内会の新規計画のご連絡



令和元年度 草生津町内会の新規計画のご連絡

令和元年度の草生津町内会事業計画のうち、新規計画内容についてご連絡いたします。
皆様へのご協力をお願いすることもあろうかと思いますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。


1 防犯灯の新規追加(LEDタイプ)について

◆ 防犯灯の間隔が広い箇所があり、真っ暗な状態になるので通行の安全確保のために
新規に防犯灯を追加します。

(1) 設置数 ・ 3箇所
(2) 設置場所 ・
            ・
         ・
(3) 設置時期 ・ 業者の都合次第ですが、なるべく早く実施してもらうように
します。


2 神社境内の松の撤去について

◆ 神社本殿の脇にある松の木が倒れそうになっているため支持棒で支えていますが、根の
部分も盛上がっていて支持しきれなくなる可能性があります。
 安全確保のために、この松の木を撤去します。
◆ また、今までは枝の剪定に高額の費用が掛かっていましたので、経費削減にもなります。

(1) 撤去する松 ・ 神社の脇にある松。
また、すでに伐採された樹木の切り株も撤去します。

f:id:kusouzu:20190510090502p:plain



(2) 撤去工事の時期 ・ 神社境内の地面改良する前に行います。


3 神社境内の地面改良について

◆ 雨で土の部分がぬかるみ状態になり、祭礼などで行事を行う際に使えるスペースが
十分に確保できないため、地面改良を行います。
◆ また、雑草が生えなくなるので草刈作業の軽減が期待できます。

(1) 改良する範囲

f:id:kusouzu:20190510091150p:plain



(2) 工事の時期 ・ 今年の祭礼までに完了するように進めます。



4 認可地緑団体認可準備について

◆ 公民館建替え、神社改修を行う場合に市から認可を受けると必要な費用の一部を市から 補助してもらう手続きが簡略になります。 

(1) 認可を受けるための条件
① 町内規約の変更(4月の町内総会にて承認済です)
② 上記変更のなかには、「責任世代代議員による総会」を廃止し、「町民会員による
総会」に変更することが含まれています。
③ 変更した町内規約で市長認可もらうこと。

(2) 認可申請時期
  公民館の建て替え・補修時に市に申請をして認可を受けたいと考えます。




5 役員選考方法の見直しについて

(1) 現状
◆ 現在の役員選考方法は、適任と思われる方々にお願いをして承諾を得て役員選考
委員会で承認してもらう方法になっています。
 しかし、お願いしても承諾していただけない状況であり、結局は役員の留年となる
ことが続いております。

(2) 問題点
◆ このままでは、一度役員になると次の役員になっていただける方がいない限り、役員を 継続することになり、特定の方が大変な負担を強いられています。

(3) 対策案
◆ 具体的な対策案は現在決定していませんが、役員会で検討して進めたいと考えます。


(4) 推進予定
◆ 今期中に結果を出せるように進めたいと思いますが、そのためには皆様のご理解と
ご協力が必要ですのでよろしくお願い致します。


6 祭礼行事の組織見直しについて

(1) 現状
◆ 祭礼は、祭礼実行委員会を設置して運営しています。
 この祭礼実行委員会はほとんど町内役員で構成されていますが、神輿の担ぎ手
などは町民の方々から参加していただき祭礼を盛り上げてもらっています。

(2) 問題点
◆ 祭礼行事の企画、推進実行はほとんど町内役員が行っており、多数の行事を同時に
行うため、役員の負担が大きくなっています。


(3) 対策案



(4) 推進予定

 

 

関係機関及び地域住民を対象とした「柿川放水路竣工式」を開催


f:id:kusouzu:20190323155438j:image
 長岡の中心市街地を流れる柿川は平成23年7月新潟・福島豪雨により越水し、あわせて周辺の内水氾濫により、甚大な家屋被害を及ぼしました。これを受けて平成24年度から進めてきた柿川放水路の工事がこの度竣工を迎えることとなりました。これにより長岡の中心市街地の治水安全度がさらに向上します。
 事業竣工に至るまでの間、ご協力いただいた各関係機関及び地域住民の方々へ感謝の気持ちを表すため、竣工式を行いました

f:id:kusouzu:20190323132030j:plain

獅子舞

工事概要

・事業名 床上浸水対策特別緊急事業
・河川名 一級河川柿川
・流域市町村 長岡市
・事業費 約128億円
・工事内容 延長L=約1.4km(放水路、排水機場、越流堤)
 


 

 

 

 

 

浸水被害大でも死者ゼロ 西日本豪雨、命守った自主防災

 昨年7月の西日本豪雨で51人が死亡した岡山県倉敷市真備町地区に隣接し、大きな浸水被害を受けながら、犠牲者がゼロだった地区がある。明暗を分けたのは、東日本大震災後に始めた自主防災の活動だった。

 真備町地区の東隣にある総社市下原(しもばら)地区。1級河川の高梁川に支流の新本(しんぽん)川と豪雨で決壊した小田川が合流する地点に近く、110世帯約350人が暮らしていた。過去にたびたび水害に遭い、1893(明治26)年の大洪水では32人が死亡したという。

 今回の豪雨では101世帯が床上浸水。浸水の深さは最大2メートル以上に達した。さらに地区内のアルミ工場で爆発事故が起き、約10棟が火災被害に遭った。

 下原・砂古(さこ)自主防災組織ができたのは、2012年。前年の東日本大震災がきっかけだ。

 高台の神社など3カ所を避難場所にし、避難経路も決めた。各世帯の連絡先や人数、支援が必要な要配慮者の数を記した台帳を独自に作成。地区内には七つの班があり、班の住民が班内にいる要配慮者の避難を助けることにした。

 毎年の避難訓練では、台帳を元に作った安否確認表を使用。要配慮者役の住民を車いすで避難させたり、夜間に実施したりして実践的な訓練を重ねてきた。自主防で副本部長を務める川田一馬さん(70)は「顔を知らない人から避難を呼びかけられても住民は動かない。地域や行政とつながりをつくることが重要だ」と話す。

 昨年7月6日の豪雨時には、川の水位の上昇を受け、自主防が自宅2階への垂直避難の呼びかけを決め、午後10時すぎに役員が拡声機を付けた軽トラックで地区を回った。午後11時半ごろにアルミ工場が爆発すると、市職員から市中心部に避難するよう電話があり、班長が全世帯を訪ねて安否確認。自家用車で逃げられない人は市の公用車で運んだ。

 要配慮者は30人いたが、7日午前2時半ごろには大半の住民が避難を完了。自宅2階で寝ていて、呼びかけに気づかないなど避難が遅れていた4世帯も、約2時間後には避難を終えた。地区はその後、ほとんどが水没したが、犠牲者はゼロだった。川田さんは「必ず洪水が起こると考えて避難訓練を続け、危機意識を高めていたことも役立った」と振り返った。

 京都大学防災研究所の矢守克也教授(防災心理学)は、情報を実際の避難行動につなげる「避難スイッチ」の重要性を指摘する。「この地区では、川の水位を見ながら避難情報などもインターネットで収集していた。自分たちの『避難スイッチ』を工夫し、タイミングを自ら決めていたことがよかった」と話した。(朝日新聞記事)

町内会役員の決め方はどうしてる?トラブルにならない方法とは

町内会の役員を自ら進んでやりたい!と思う人は、なかなかいないですよね。
そのため役員決めも大変で、決め方をどうするかというところから考えなくてはいけません。
他の町内会はどのような決め方をしているのでしょうか?早速調べてみました。

「私が町内会の役員をやります!お任せください!」と言って簡単になってくれる人ってどのくらいいるのでしょうか?
ほとんどの人が、役員を決める際に色々理由を付けてなんとか逃げようとするのではないでしょうか。
ある地区を参考までにあげますと、その地区は役員を決める際は基本的に全員出席となっているそうです。
決め方にも順序があり、役員対象の方へ前もって通知し、それから当日に候補者を選出したあと話し合って決定するそうです。
ちなみに、やむを得ず欠席する場合は、同意書の提出を義務付けしているとか。
とはいっても、全員出席って難しいのでは?と思いますが、欠席する場合の同意書には厳しい文章の記載があり、それによって欠席を悩む人が多いのが現実だそうです。

それは、「役員が決まらない場合は、欠席した人の中から選出する場合もある」といった記述があるからです。
欠席してしまったがために、自分が役員に選ばれるのはリスクが高すぎますよね。よって出席率が高くなるわけなのです。

役員の決め方に迷いますが、これは町内会や自治体によって決め方は様々です。地域の特性にもよりますし、昔からのルールが根付いているのも事実です。
特に多かった役員決めは「順番性」です。
一番揉めずに済む決め方とも言えます。みんなが順番で受け持つため、役員になってもすんなり受け止めることができます。家庭の事情によってはある程度考慮されることもあります。

「くじ引き」といった決め方もあります。
くじなので運が左右しますが、引いてしまうのは自分なので、ある程度諦めがつきます。ただ役員決めの会議に出席しない人も多いので、その場合は欠席した人の中から選出するなど、何かしらのペナルティを設ける町内会も多いようです。
「推薦」という決め方も昔からある方法です。
旧役員の人達が新役員を選出するのです。長年地域に住んでいる方が会長をしている場合なんかだと、この方法をとっている可能性は十分あります。
いずれにしても、どの町内会・自治体でも、公平になるよう独自のルールを設けています。

町内会の決めで揉めることは多々あります。
そもそも今までの役員の決め方がおかしいという地区もあります。例えば、町内会長や組長が率先して、「この人なら引き受けてくれるだろう」と言う人を選び出して「どうか役員をお願いします」と頼み込むことも。
推薦という形にも見えますが、そういった方法を行っている町内会の方が実は多いのではないでしょうか。
頼まれてすんなり引き受ける人もいるかもしれませんが、大抵の人は断りたいのが本音ではないでしょうか。だから役員も決まらず、今の役員さんが引き継げずに困ってしまうパターンに陥ってしまうのです。

次の人が現れないと、一度町内会長を引き受けてずっと10数年続けているという地域もたくさんあります。
昔からの慣習かもしれませんが、本音は「一度引き受けた以上なかなか辞められない」ではないでしょうか。それか高齢で体を壊して引退するか・・・です。
できるだけ不公平のない決め方をしよう!と方法を模索しても、新しい決め方について過半数以上の賛同を得られないと実行できません。
結局は、少しでも自分が当たる確率の低いやり方を選びたがるのです。

役員に選出されてどうしても断りたい場合はどうすればいいのでしょうか。
直接「やりたくない!」といっても、周りから説得されてしまう可能性もあります。
なので、「今期の役員ですか?いや~、○○じゃなかったらお引き受けできたのですが・・・」と匂わせるのもひとつの方法です。
はっきりと直接は断っていないですが、引き受けれない理由と共になんとなく断っていると感じさせることができますよね。
残念な気持ちを伝えるのは、断る時の王道です。
「せっかく声を掛けていただいたのですが・・・」「引き受けて頑張りたいところなのですが・・・」というように、本当は引き受けてやりたいけど残念!という気持ちを表現するのです。
あとはちょっと難しいテクニックになりますが、「代案を提示する」といった方法もあります。
今期はどうしても引き受けることはできないけど、来期なら引き受けできるかも・・・といった感じです。

町内会の班長になることもあります。
どんな仕事をするのか不安になると思いますが、一番の大きな仕事は「町内会費の集金」です。
町内会によっては、一年分を一括でまとめて集金するところもありますので、そうなると大きな仕事はそれが済めば終わりとなります。
一軒一軒内を回って領収書を切ります。ずっと不在な家があると、集金が完了せず苦労することもあります。
他にも赤十字や赤い羽根の募金などがありますが、これらはまとめて町内会費から出すので回覧板を回すだけで済むことがあります。
あとは掃除関係です。
どぶ掃除や公園内の草取りなどでがあります。年2回程度で済む地域が多いようです。